top of page
  • 執筆者の写真Tomomi Kamiyama

『季節の変わり目のクレイケア 』Tomomi Kamiyama

Gluten Tag.


クーラーも網戸もなかったヨーロッパの夏。


湿気の混ざった日本の猛暑とは比べられないですが、うっかり日焼けどめを塗り忘れた腕は、

まだまだしっかりと夏の洗礼を受けたな。と感じます。


猛暑もピークを過ぎ、

秋へ向かう 白露、秋分を迎える9月。


身体の疲労感がある方。


肌が、日焼けなのか・・・くすみなのか・・・

肌がごわついて、毛穴が広がった気が・・・

という方も多いのではないでしょうか。


秋や冬に冷えやすい方、

肌が乾燥しやすい方は、この時期からのいたわりは大事。

そんな季節の変わり目へおすすめのケア。


夏の終わりのクレイケア

夏に紫外線をたくさん吸収し、紫外線から肌を守ろうとしてゴワツキ、角質が固くなります。

汗などでアルカリ性に傾いた肌は、雑菌も沸きやすく、ニキビや汗疹の原因ともなります。


肌がカサカサ。

くすみが取れない。

毛穴が開いてきた。

化粧水や美容液が入っていかない、またはファンデーションがのらない。

ニキビ、吹き出物が増えた。


など。

そんな肌には普段のクレンジングよりもひと手間加えたクレイのディープクレンジングを。

(※写真、クレイは ”アロマフランス”のクレイ)


クレイは採取する地域や質にもよりますが、作用は多様。

クレイは肌に良い作用としてでなく、身体や体内への作用もあります。


おすすめとしては、お風呂での


”クレイ浴” and ”クレイパック”


○クレイ浴

→クレイ30gを湯船へ。

個人的には、むくみがひどい時、心身がおもだるい時、

頭が悩み事などでスッキリしない時に行います。


・身体の老廃物、むくみなどを排出。

・身体を内側から温める。

・身体の古い角質、臭いの元の除去。

など。

クレイ浴をすると肌がツルッとし、

身体が温まり、軽くなるのを感じます。


※クレイは金属を劣化させるので、追い焚き機能は停止させ、金属などには触れないようにしてください。

○クレイパック

→クレイ:精製水(または 芳香蒸留水)

5 : 3

(Ex: クレイ50g:精製水 30g)


→器に精製水を入れ、クレイを散らすように入れる。

15分ほどなじませペーストを作り、顔や疲労を感じるところへ塗布。


3~5分放置→流す。


小鼻の黒ずみが気になるとき、くすんでいる時、

フェイスラインのたるみが気になる時に行います。


肌に良い作用としては、

・紫外線等で傷付いた肌を再生しやすくする。

・皮脂の分泌を正常にし、ニキビなどのトラブル予防。

・毛穴の汚れや詰まりを掃除。

・開いた毛穴を収縮しやすくする。

・血行を促し、くすみ、クマの予防、トーンアップ。

など。

クレイは種類が様々ありますが、

肌の弱い方、クレイを初めて使う方は

”ホワイトカオリン”がおすすめです。


(代表的なクレイブランド:Aroma france / ARGITAL / CLAYD )

※各ブランド、クレイの種類、使用上の注意を読んでからお使いください。

疲れが出やすい反面。

しっかり疲れを癒すと、

秋に食欲、運動欲など身体の活力の湧きやすい季節でもあります。


しっかり肌も心身もリセットし、

一時一時を楽しめる準備をして季節を迎えていきたいものです。




 


Tomomi Kamiyama


美容専門学校を卒業ののち、美容師からfashion showの仕事がメインのヘアメイクさんに師事し、アシスタントとして働くのち、美しさは"心、身体、精神のバランス"で成り立っている。と感じ、癒しとインナーケアの世界に。


都内のトータルビューティーサロンやnaturalやorganicを扱うサロンにてセラピストとして働き、もっとお客様と身近に、1人1人の個々と向き合いたい。という想いから代々木上原にて自身のサロン、fayeをopenしました。


2020年に一旦長期休業とし、現在はドイツ、ハンブルクにて生活しております。




Comments


bottom of page