top of page
  • 執筆者の写真Saori Kageyama

『好きなもの #26』Saori Kageyama

日々の生活を心地よくするには、先ずは自分の好きを知っていることが大切だと思っています。

この企画では、自分で物事を選択できる人の『好き』を紹介します。第26回目はGALERIE VIEのバイヤー兼ショップディレクターのSaori Kageyamaさんです。シンプルなStyleの中にも、こだわりが感じられるセレクションです。好きなもの一つ一つへの思い入れあるエピソードも必見です。

見て頂いた方々が、知るきっかけになったり、共感して好きなものが増えたら嬉しいです。




Stripe Shirts

とにかくストライプシャツが好きで毎シーズン何かしら買い足してしまいます。

きちんとアイロンをかけて着るのもいいけれど、綺麗な生地のコットンストライプシャツを洗いざらしで着るのも好きです。

デニムやスラックスにさらっとシャツを纏うシンプルなスタイルは永遠のマイスタンダードです。




charrita

陶器やガラスの器が大好きで、街中で、旅先で、色々な作家さんのものを少しずつ集めています。

中でもメキシコのアイテムを取り扱うcharritaは、商品の魅力はもちろん、オーナーの山岸千尋さんの想いが深くて、展示会でお話しを聞くのがいつも楽しみ。

毎シーズンつい何かしら買ってしまいます。プレゼントで頂いたものも含めて手元にcharritaのアイテムが少しずつ増えていくのが嬉しいです。

charritaオリジナルの柄の器のシリーズも好きですが、ヴィンテージのTeresaシリーズはいくつもコレクションしたいくらいです。

いつか訪れてみたいメキシコ。美しい器を眺めては、まだ見ぬメキシコへの想いを馳せています。



URSA MAJOR シルバーリングとブレスレット

デザイナーKateの幼少期の海辺での暮らしをインスピレーションに作られた、どこか海や自然を感じさせるコレクションが好きです。

緩やかな楕円のブレスレットは手首への馴染みも良く、青い石がパッチワークのように埋め込まれたリングは一目惚れでした。

展示会で飾られていた彼女が作った貝のモチーフも素敵で、そのオブジェも持っています(真鍮の貝のオブジェは裏返してお香立てにも使ったりしています)。

透明感やしなやかさの中にある凛とした佇まい、そして忙しい日常の中でふとした瞬間に自然を感じられるデザイン。

お守りのように身につけているジュエリーです。





CHANELのバレリーナ

会社の先輩がシンプルなカジュアルスタイルにさらっと自然に履いているのを見て、素敵だなぁと憧れていたCHANELのバレリーナ。

ある日銀座三越でふらっと目に留まり、私にはまだ早いかなと思いましたが、勇気を出して購入。

いつかのクルーズラインのものでカーキの色味が日常でも合わせやすくて気に入っています。

デニムとTシャツに、カジュアルアップして合わせるのが好きです。

雨が降りそうな日は履かない、トゥが汚れたらお修理に出したりと、大切に履いています。

年を重ねたらもっと馴染んでくるんだろうなと、自分を高めてくれる一足です。




Espadrilles

エスパドリーユが大好きで、何足も持っています。夏は素足で履くのが何とも快適で気付くと毎日履いてしまいます。

カジュアルに合わせるのはもちろんですが、スラックスパンツや、シャツワンピースなど綺麗なスタイルに敢えて合わせるのも好きです。

特にスペインの老舗La Manual Alpargateraは4足持っているほどお気に入りです。




Dave Vande Vusse のモビール

千駄ヶ谷の大好きなショップPlaymaoutainで出会ったモビール。

アレキサンダーカルダーにインスパイアされ40年以上アメリカでモビールを作り続けているそうです。

リビングの天井に飾っていますが、空気の流れでゆったりと動いているのをぼーっと眺めると、とても穏やかな気持ちになれます。






 


影山さおり

プロフィール

TOMORROWLAND入社後、GALERIE VIEのショップ配属。その後ディストリビューターとなりTOMORROWLAND内でいくつかのブランドの経験を経て、

現在はGALERIE VIEのバイヤーとショップディレクターを担当しています。




Comentarios


bottom of page