top of page
  • 執筆者の写真Tomomi Kamiyama

『腸美人になる』Tomomi Kamiyama


Guten Morgen.




今月もドイツより、

季節のインナーケアをお送りさせていただきます。




今月のテーマは

年末年始、乱れやすい腸の




“腸活”




お客様でも

”腸”

にまつわるお悩みは本当に人それぞれです。




”便秘”

“軟便”

”季節性便秘”

”生理前の便秘”



などなど・・・。


365日快腸!という方は珍しいのではないでしょうか。




年末年始、食べすぎてしまった・・・。という方。

何をしても体重が変わらない・・・という方。

暴飲暴食で肌荒れが・・・という方。

最近疲れやすい気が・・・という方。




それは、腸内細菌の乱れかもしれません。


腸について話すとすごく長くなりますが、

年末年始、食べすぎてしまった方などにおすすめのケアです。





①水分を体重×0.04L取り入れる。

便の80%は水分です。

水分が足りないと、便は硬くなったり、出なかったり。

1日の飲むタイミングを決めたりして、効率よく水分摂取しましょう。



②発酵食品を取り入れる。

納豆、味噌、キムチ、麹、ヨーグルトなどの発酵食品は腸の善玉菌を育てます。

オリゴ糖(玉ねぎ、ゴボウ、ねぎ、ニンニク、バナナ)なども一緒に摂るのもおすすめです。



③水溶性の食物繊維をとろう。

食物繊維でも

わかめ、オクラ、メカブ、昆布などの水溶性の食物繊維を取りましょう。



おすすめレシピ:麹納豆丼、表参道”sincere garden cafe”のレシピより。



材料:

納豆  200g

乾燥麹  200g

切り昆布 30g

人参  1本

白ごま  20g

醤油・みりん 各 100cc

乾燥切り干し大根 30g

乾燥野菜 (人参・ごぼう)など。



作り方:

1; 切り干し大根と乾燥野菜は水で5分ほど戻して、よく絞る。

2: 人参は千切りにする。

3: すべての具材と調味料を合わせて、冷蔵庫で一晩ねかせる。



□一晩置く前


□一晩おいた後。


□ご飯にのせて、トマト、オクラ、メカブを和えたもの。サラダと混ぜたり、万能です。



④ジャンクフードは避ける。

ジャンクフードは、腸の悪玉菌を増やします。

便の匂いが気になる方は、悪玉菌が多いかもしれません。



⑤腸マッサージ

腸のマッサージで便の流れを促します。

1:写真、黄色の部分(おへそ周り)に手の平をぴたっと当て、手の平をうまくPUSHしながら時計回りに回す。



2:写真、ピンクの部分を右腹下腹部~順番に4指で吐く息に合わせてPUSH。



※おすすめは、お手持ちのクリームやオイルを塗って、優しくマッサージ。

お手持ちのクリームやオイルに

ゼラニウム

ジュニパー

グレープフルーツなど、精油を一滴プラスしても相乗効果。

(何も塗らずにおこなってもOK)



また、便秘の方に多いのが、下腹部の腹筋の低下です。

仰向けに寝た状態で、脚の上げ下げなど下腹部を鍛えるのも効果的です。




食べすぎてしまった次の日は食べない。。。

なんて方もいますが、

できたら、

水分、発酵食品だけでもしっかり取り入れる方がおすすめです。




腸は

”幸福感”や”美肌”、”ダイエット”

など、

女性にはいろいろと関係する部位。




腸美人は

性格も外見も整いやすいです。




ぜひ、今年は腸美人を目指してみては。

faye botanica





 



Tomomi Kamiyama


美容専門学校を卒業ののち、美容師からfashion showの仕事がメインのヘアメイクさんに師事し、アシスタントとして働くのち、美しさは"心、身体、精神のバランス"で成り立っている。

と感じ、癒しとインナーケアの世界に。


都内のトータルビューティーサロンやnaturalやorganicを扱うサロンにてセラピストとして働き、もっとお客様と身近に、1人1人の個々と向き合いたい。という想いから代々木上原にて自身のサロン、fayeをopenしました。

2020年に一旦長期休業とし、現在はドイツ、ハンブルクにて生活しております。




Comments


bottom of page