top of page
  • 執筆者の写真Tomoka Naka

『好きなモノ #31』 Tomoka Naka

日々の生活を心地よくするには、先ずは自分の好きを知っていることが大切だと思っています。

この企画では、自分で物事を選択できる人の『好き』を紹介します。第31回目は432web magazineで月初めの一文字を1年間書いてくれた書道家のTomoka Nakaさんです。彼女が描く、力強く、モダンな作品のルーツを感じられるセレクションになります。

見て頂いた方々が、知るきっかけになったり、共感して好きなものが増えたら嬉しいです。




書道具 墨

それぞれ思い入れがあり迷いましたが、今回はその中でも墨をピックアップ。墨は今から約2200年前、中国で発明されたと言われています。日本では「日本書紀」の墨の記録が最も古く、610年に製法を中国から伝えられたのです。

書道と向き合う時まず最初にする事は墨を磨ることです。

墨の香りは私にとって心を落ち着かせ、精神を整えてくれます。また、季節や気候、温度などによりあらゆる色の変化をみせてくれるのも魅力の一つです。

旅先や骨董市で見つけたり、尊敬する先生から受け継いだり、お世話になる資材屋さんから譲っていただいた貴重な墨など、全てに思い入れがあります。

そんな大切なコレクションとなる墨が紙を伝い作品に生まれ変わる瞬間はなんとも神秘的な瞬間でもあります。


茶道

"好き"が仕事になった今、新たな好きを見つけ、心が安らぐ時間を密かに過ごしているのは自宅で自分のためのお茶を点て、好きな茶碗でじっくり香りや、お茶を味わう時間です。昨年お茶会にお誘いいただいた事がキッカケで茶道への魅力が再熱し、小学生の頃茶道部に所属していたので、道具の名前がわかる程度からの再スタートでした。茶道は奥が深く道のりは非常に長いですが、いつかおもてなしができるぐらいまでに成長できればいいなと、思いながら密かに楽しんでいます。


映画 テルマ&ルイーズ

この映画『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)は、1991年に公開されたアメリカ映画です。

初めて見た時、内容が入ってこないくらい最高にクールなデニムスタイルに魅了されました。

デニムへの興味をもつことになった原点といっても過言ではありません。

わずか一瞬しか映らないウエスタンジャケットもとても印象的で、私自身のウエスタンスタイルはこの映画に学びました。


スニーカー

スニーカーはスポーツをしてきた私としては欠かせないアイテムです。中でもマイ定番のAJ1のシカゴ、ブレッドは小学生の頃、学校の代表でバスケットボールの試合に出場していた頃から永遠の憧れでした。

ジョーダンと同じスニーカーを履けば私もダンクシュートを決められるとも、何とも純粋な小学生でした。(笑)

当時はYouTubeなども無かったのでひたすらテレビに映るジョーダンの姿を見ては真似しようとしてました。今となってはファッションの一部として憧れだったスニーカーを楽しめている事に対し、大人になったなぁ。ふと感じる瞬間があります(笑)


カメラ

書道家として活動を始めて1番最初に購入したガジェットがカメラです。一目惚れをして以来心待ちにしていましたが、発売当初はなかなか手に入らず半年待ちのやっとの思いで手に入れたLeicaQ2。最初は作品を収める目的でしたが、今ではプライベートでも持ち歩くことが多く、NYファッションウィークでもストリートスナップをこのカメラで撮るなどプライベートでも楽しませてくれる大活躍の相棒です。






 

中 友香


書道家。 大阪府出身。

7歳で書道を始める。社会人として、ブライダル、アパレル業界を経験する中で、 "自分らしくいれる時間=書道と向きあっている時"であると再認識し、 正筆会師範を取得。伝統的な文化である書道をより身近な存在へと感じてもらえるよう、独自の書風で表現する。





Comments


bottom of page