top of page
  • 執筆者の写真Naoko Kobayashi

『好きなモノ #30』Naoko Kobayashi

日々の生活を心地よくするには、先ずは自分の好きを知っていることが大切だと思っています。

この企画では、自分で物事を選択できる人の『好き』を紹介します。第30回目は長年仏外資系アパレルブランドに勤務したのち、今年、Fashion好きの集大成を形にするべく準備中のNaoko Kobayashiさんです。PHOEBE期のCELINEを中心にハイセンスなアイテムのセレクトとなっております。

見て頂いた方々が、知るきっかけになったり、共感して好きなものが増えたら嬉しいです。




MY PHOEBE #1

好きなモノは紹介しきれないくらいあるのですが、

Phoebe PhiloのCelineは外す事はできません。

彼女はオーセンティックとアヴァンギャルドを抜群のセンスでMIXして形にしてくれた人。

身に纏うと他の誰でもなく、自分自身が最高の気分になれるんです。

2011summerの

" Bone Hand Woven Arty Crafty Coat "は、タペストリーのような1着。

馬のしっぽも織り込まれてクラフト感たっぷりなのに、そこはかとなくモダンな佇まい。私の宝物です。




MY PHOEBE #2

Phoebeは数々の名作を産み出しましたが、Fur SandalとBoxy Flatもそのひとつ。

コーディネートの仕上げにテキメンの効果を発揮してくれる心強い味方です。




LANVANのジレ

Lanvinのデザイナーだった

Alber Elbazはモロッコ出身のイスラエル人。

そんな彼のルーツを反映したような2005SSのエスニックなジレ。ワイヤー入りのスペシャルなテキスタイルに縫い付けられた様々なビーズにため息が出ます。

17年経った今でも着続けている、私基準のオーセンティックな1着です。




大切なVINTAGE

これは、ムッシュサンローランが亡くなった年にNYで買った思い出のVintage。

Yves Saint Laurentの1990年のオートクチュール。フランスのダンサー、ジジ・ジャンメールへのオマージュのこのドレスは、手仕事のビーズ刺繍が本当に素晴らしく、眺めているだけで幸せな気分になります。




お守りジュエリー

私にとってアクセサリーはお守りみたいなもので、いつも何か付けていないと不安になります。

中でもジュエリーは特別で夫がプレゼントしてくれたものが殆ど。

いつもサプライズで私に合うものを選んで贈ってくれます。







 


Naoko Kobayashi

No Fashion, No Life.

仏外資系アパレルブランドに勤務したのち、

今年、Fashion好きの集大成を形にするべく準備中。

Comments


bottom of page